薪ストーブ紹介

我が家の薪ストーブ
ドブレ640CBJです。
ほかのストーブを使ったことが無いので分かりませんが
たぶん優秀なストーブです。ベルギー製。

子供の頃から火遊び好きで
部屋でこっそりガンプラ(旧ザク)を燃やして怒られたり
空き地に作った秘密基地で焚き火して警察に補導されたり・・・
大人になってもその癖は抜けなくて
怒られずに室内で焚き火ができないもんかと思案の結果
4年ほど前に導入。

ウチに遊びに来る人は
ほぼ100パーセント「暖炉だ!」と言う(笑)
暖炉と薪ストーブは構造的にまったく別物。
でも「まきすとーぶ」よりも「だんろ」の方が言いやすいので
暖炉でいいと思う。通じるし。

「暖炉だ!」の後に決まって「オシャレ〜!」と言われるけど
実際はオシャレの真逆なエピソードが盛りだくさん。泥くさ〜いアイテムです。

日本における薪ストーブは「金持ちの道楽」的な位置づけが濃いので
なにかにつけてお金がかかる。
ウチは金持ちじゃないし、火遊びしたいだけだし
という事で、煙突からレンガ積みまでほとんどDIYで設置しました。
薪も買ったら高いので(灯油の比じゃ無い!)廃材になる丸太を
タダでもらって割ってまかなっております。

メリットとデメリットでいうと
デメリットの方が100倍多い暖房器具だけど
コイツのおかげで冬が楽しくなったのは間違いなし
お気に入りです。

↑手間はかかるが暖房力はハンパない。暑がりのカムイにはありがた迷惑・・・

薪ストーブは奥が深くて
運用には本が1冊書けちゃうくらいの手間がかかる
だから気軽には導入できないけど
本気になった時の薪ストーブの暖房力は凄まじい。
ドラクエの呪文でいうとメガンテみたいな感じ。

そろそろストーブシーズンも終わりですが
いろんなエピソードを今後綴っていければなと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です