ボクのゆるキャン


ちょっと前の話
友人宅で「ゆるキャン」というアニメの第1話を見ました。

しょっぱなから
馴染みのキャンプ場が出て来て
自分も持ってるジェントスのランタンや
モンベルのムーンライト(テント)も登場。
おおーっ!となってテンション上がりました。
ちゃんとキャンプが好きな人が作ってるんだなぁ、と。

タイトルはゆるキャンだけど、いろいろリアルだし
冬キャンだしで全然ゆるくないね、いいね

でも、いろんなトコでキャンプしたけど
ソロキャンパーの美少女には会ったことないなぁ
と言ったら

友人曰く
「これ、本当は登場人物全員おっさんだから」
「おっさんの擬人化だから」

とのこと。
なるほど、艦これとかと同じジャンルだったのか
ていうか、おっさんは人じゃないのか・・・

たしかにソロキャンのおっさんは
掃いて捨てるほどいるから妙に納得。

今ではそんなおっさんの一人になったボクですが
20年前は相当ゆるいキャンプしてました。
「ホッカイダー1998」より抜粋
ゆるキャン自分バージョン。
美少女に脳内変換してごらん下さい。


この時が人生初キャンプ、初自炊
米入れすぎ、水少なすぎで芯の残りまくったご飯を大量生産しました。
ふりかけのみで無理やり食べきる拷問のような夕食だったな・・・。

い・・今はもうちゃんと炊けますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です