犬連れ北海道旅 2018冬 その3〜カムイの結婚〜

今回、北海道に来た目的はカムイのお見合い!
浜小清水に住むメスのボーダーコリー「レラ」が発情したとの連絡があり駆けつけました。

レラの家は濤沸湖畔にある「はなことりの宿」
安くてご飯も美味しいユースホステル。

↑昨夏の初顔合わせの様子。カムイの顔のデカさが際立つ。

レラとの出会いは昨年の夏。
普通に宿泊客としてお世話になった時に
ボーダーの婿を探しているのを知り、立候補。

アイヌ語でレラは「風」
カムイは「神」を意味する。

二人合わせて「風神」じゃん!
かっこいいー!

勝手に盛り上がる飼い主たち。

ただし犬の発情期は半年に一度
この時は顔合わせのみ。次回の発情は2月頃だろうとのこと。

そして
年が明けて1月、ついに発情の兆候が見られたと連絡があり
急いでフェリーを手配(大洗→苫小牧)してたどり着きました。

半年ぶりに再会したレラ
相変わらずべっぴんさん!
茶色のボーダーコリー、可愛いなぁ。

さっそくじゃれ合う2匹。
神奈川から1500kmの道のりをやってきて門前払いだったら
ダメージでかいなぁ、と思っていたのでひと安心。

これは期待が持てそうだ!

喜んだのも束の間
なかなか交尾は始まらない!
いたずらに日にちだけが過ぎてゆき・・・

タイミングが早い?
寒過ぎてダメなのか?
カムイに問題あり?
初めて同士だから?
プラトニック犬?

環境を変えたり、いろいろ試すも効果なし。

飼い主側の経験不足も手伝って
もう何がなにやら。
楽観モードから悲観モードへ・・・

用意していた1週間も終わりかけ
「いいお友達になれて良かったね〜」的な
まとめ空気になった頃・・・

遂に交尾!

諦めかけてたので、これは嬉しかった。
念のため帰りのフェリーを1日ずらして
計4回ほど交尾ができました。


二人ともお疲れ様。

交尾をしたのが1月下旬
その後、2月の中旬にレラが妊娠したとの吉報が届きました。
犬の妊娠期間は約2ヶ月なので(短い!)
順調に行けば4月の頭には子犬が生まれそうです。

何匹生まれるのかは分かりませんが
カムイの血を引いた子供達に会える日も
そう遠くなさそうです。
楽しみだなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です