ホッカイダーのネーム作業〜北海道一人旅のススメ〜


エッセイ漫画「ホッカイダー」
次回作のネームを描いております。

アナログ作業はこのパートだけ。
あとは下書きから仕上げまで全部パソコン。
漫画を描き始めたのが比較的最近なので
迷わずデジタル環境を選びました。

あっ、顔が大きくなりすぎちゃった、縮小しなきゃ。
あれ?首が随分長いな、短くしよう。
未熟ゆえに小手先の修正が山ほどあります。
デジタルの力無しでは到底描けないなぁと。

ホッカイダーは僕が北海道を旅して経験したエピソードを
1話完結で紹介するエッセイ漫画です。
次回はどのエピソードにしようか?
20年分の記憶の引き出しがあるわけですが
びっくりするぐらいその数が少ない。
ざっと100くらい。

たぶん2000を超える引き出しがあってもおかしくないんだけど・・・。
昔の体験はよっぽど強烈でないと覚えてないんですよね。
それはそれで中身が濃くていいじゃないか、という考え方もできますが
実際の旅はそんなに派手なイベントばかりじゃない。
ある意味リアルじゃなくなるなー、なんて思うのです。

以前、僕の漫画を読んで4泊5日で北海道を旅した友人がいました。
一人旅に向いてるオススメの宿や観光スポットをアドバイス。
意気揚々と出発しましたが帰って来てどうだったか感想を聞くと

「漫画みたいな面白い出会いとか予期せぬイベントなんて無かったよ」
「ふつうに観光しただけ。バズは特殊能力でも持ってるんじゃない?」

と言われました。

まぁ実際そんなもんです。淡々とすぎて行く旅が普通。
僕は人好きで人を中心にした旅を楽しむスタイルなので
人がいないとどうしようもない。
僻地の宿に行くと客が自分だけという事も結構あります。
そんな宿でも1日ズレたらお客さんいっぱいで夜は大盛り上がり!
なんて事もある。
雨の景色と晴れの景色では印象も違います。
要は旅はタイミングが全てなんです
運次第だけどそこが面白い。

旅に出れば出るほど
いろんな面白タイミングに出会えます
どんどん旅して下さい、北海道はホントに面白いですよ。

次回の話は、そんな大盛り上がりに一役買った青年が出て来ます。
一人旅なのに一人になると寂しくなって泣いちゃう青年を泣かします(笑)

ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です