コミティア124で北の大地を感じる。


ぷらっとコミティアに行ってきました。
普段はイベント出展者側なので、たまの休みにビッグサイト来るとなんだか損した気分に・・・(笑)

まずは数少ない漫画友達
キツネコ先生のブースへ!

お目当ての「無事カエルステッカー」を購入。
カエル好きにはたまらない。愛車に貼ろうっと。
ロードに乗って無事帰らなかった事がある先生なので、すごい念が込められているはず!きっとご利益あるぞ!

ふと気づけば、目の前のブースに見慣れたTシャツを着ている人が!
ウチ(レッドバズーカ)がつい2日前にラブサミでリリースした新作Tシャツではございませんか。
まだ数えるほどしか出回っていないレアなTシャツ・・・顔を見れば古くからの常連さんでした、ありがとうございます。
こういうイベントの時に着てもらえるって嬉しい。

コミティアはコミケと違って二次創作無しのオリジナル作品ばかり。
面白そうな旅本があれば、とさまようも・・・到着した時間が遅かったので、売り切れてたりで結局買ったのはこの2冊だけ。
鳶田ハジメ先生の「旅するボールペン 〜網走の冬〜」
北海道民が気にも留めない素朴な景色の数々
画力はもちろんのこと、視点がすごくいいのです。

そしてもう一冊は鈴木小波先生の「ホクサイと網走さえ行けば」

どちらも網走!
同人誌界で網走流行ってるのかな?
なんて思いつつ、表紙で心を鷲掴みにされて購入。

読んでみるとこの2人の作家さん
現地集合で網走を旅していたと知り納得。
広い会場で星の数ほどある同人誌の中からピンポイントで購入した2冊が繋がってるって面白い。
内容も「旅は一人が一番いい」とかスゴく共感。

いい本に出会えて良かった。

会場の端にはずら〜っと並ぶ出張編集部。
こんなに漫画雑誌ってあったのか・・・と思うほど沢山のブース。
漫画を持ち込んでいる人多数。

どのブースも若い編集者が若い新人と真剣な眼差しで話してて、あーこの人たちの努力が報われるといいなぁ、なんて思ったりして・・・。
自分はいったい何者だ?年寄り目線過ぎる事に気付く。

自分も日の目をあびれるように頑張ります。
大変いい刺激になりました、引き続き頑張ろう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です